魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


大分市東部に流れる大野川河口。

大野川河口の釣り場は広く、主に東岸の「導流提」、「大分発電所の西側テトラ」、「大在大橋東詰」と西岸の「小さな港」。

足場が良く釣りやすいのは、「導流提」と「大在大橋東詰」。

発電所の西側テトラは、テトラからの釣りになるが、青物狙いには良いポイント。

西側の港は、浅く釣りにくいが、キスやカレイが釣れ、シーバスの立ち込み釣りも出来る。

 

魚種は、アジ、チヌ、キス、スズキ(シーバス)、タチウオ、青物など。

水深は全体的に浅く、西岸の方はとても浅い。

河口周辺には、ルアー釣りのスズキ狙いのアングラーが多い。

ウエーダーを着用して、立ち込み釣りをしている本気アングラーも見かける。

「大在大橋東詰」が近くに駐車場所がないが、それ以外のポイントには駐車できる場所がある。

 

大野川河口の釣り場写真

・導流提


↑大野川河口の東側にある導流提の付け根から撮影。


↑導流提の内側は小型船舶の停泊場


↑河口に向けて導流堤が続き、足場が良く釣りやすい。


↑根元方向に撮影。

水深は2,3メートル位と浅い。

底は砂地で、アジ、チヌ、キス、シーバスなどが釣れる。


↑導流提の根元にある駐車場所。


↑導流提からのパノラマ写真。


↑導流提の駐車場所からのパノラマ写真。

・大分発電所の西側テトラ

↑大分発電所の西側テトラの角。

角は行き止まりになっているので、車はここに止めることできる。


↑テトラの角から「導流提」を撮影。


↑テトラの角から陸向きに撮影。


↑テトラの角から東側は立ち入り禁止になっている。

「発電所の西側テトラ」からはアジ、スズキ、チヌ、青物が釣れる。

足場は良くないが、魚影の濃さから人気の釣り座になっている。


↑「発電所の西側テトラの角」からのパノラマ写真。

・大在大橋東詰


↑大在大橋東詰。大在大橋の北東から撮影。


↑足場が良く、釣り人が多い。

アジ、スズキ、タチウオなどが釣れる。

大在大橋の橋脚周りでシーバスが狙える。

「大在大橋の西詰」は浅くて釣りが厳しい。


↑上流側から大在大橋東詰を撮影。


↑上流側も釣りができる。

大在大橋付近には駐車場所がないので、車の駐車には注意。


↑大在大橋東詰のパノラマ写真。

・西岸の港


↑西側の港(河口向きに撮影)。

大野川河口の西側はとても浅い。


↑上流向きに撮影。

写真の奥に写るのが、大在大橋。


↑港があるが、土砂が堆積している。

とても浅いので、立ち込んでシーバスを釣るアングラーも多い。

主に、キス、カレイの釣り場。


↑西側の港からのパノラマ写真。