大分県のスズキ(シーバス)の釣期と特徴

大分県でスズキ(シーバス)釣りは、4~5月、9~11月がハイシーズン

大分県には「山国川」「大分川」「大野川」「番匠川」などがあり、シーバスがよく釣れる。

1~3月は釣れにくいが、4~12月ならシーバスが狙える

特に、秋のコノシロパターンになると、大型のシーバスが良く釣れ、ランカーサイズ、メータークラスのシーバスが出る。

4月~6月のバチ抜けシーズンも良いが、大分県は秋が良いポイントが多い。


大分県北部でスズキ(シーバス)が釣れる釣り場は?

大分県北部では、4月~6月、9~11月がよく釣れている。

それでは、大分県北部でスズキがよく釣れるオススメ釣り場を紹介!

中津市と福岡県吉富町の境を流れる山国川。
福岡県側の護岸はキレイに整備されているので釣りやすい。
シーバスの魚影が濃い釣り場。

中津市の東部を流れる犬丸川。
同じ中津市を流れる山国川よりシーバスがよく釣れている。
県北でシーバスを狙うなら犬丸川がオススメ。

杵築市の中心を流れる八坂川。
シーバスやチヌが良く釣れる。
ランカーサイズはあまり釣れていないが、セイゴクラスがよく釣れる。




大分県中部でスズキ(シーバス)が釣れる釣り場は?

大分県中部のシーバス釣りのシーズンは、県北同様に4月~6月と、9月~11月。

それでは、大分県中部でスズキ(シーバス)がよく釣れるオススメ釣り場を紹介!

大分市中心部を流れる大分川の河口。
シーバス釣りとチヌ釣りで人気の釣り場。
シーバスが良く釣れ、大分市中心部から近い。

大分市東部を流れる大野川の河口。
大型シーバスの実績が高く、秋からのコノシロ・落ちアユパターンが良い。
大分市で一番人気シーバスポイント。



大分県南部でスズキ(シーバス)が釣れる釣り場は?

大分県南部のスズキ釣りは、何と言っても「番匠川河口」

80cm以上のランカーサイズが釣れることで有名。

1m以上のモンスタークラスも釣れている。

それでは、大分県中部でスズキ(シーバス)がよく釣れるオススメ釣り場を紹介!

佐伯市の中心部を流れる番匠川。
ランカーサイズのシーバスが釣れることで全国的にも有名。
大分県で大型シーバスを狙うならここ。

津久見市の四浦半島の先端にある間元港。
潮通しが良くて魚影が濃く、年間を通して様々な魚種が狙える。
保戸島との水道はシーバスの回遊があり、ヒラスズキが狙える。