魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


津久見市の四浦半島にある間元港。海と山のコントラストがとても美しい釣り場。
四浦半島の先端にあり、保戸島が目の前に見える。

アクセスは、津久見ICから車で約40分。結構遠い。

大分県で、モイカ(アオリイカ)の聖地と呼ばれるポイントでもある。

魚種はアオリイカ、ケンサキイカ、チヌ、アジ、クロ、メバル、シーバスなど。
潮通しが良く、魚影が濃い。

北風を受けにやすく、風の強い日には不向きの釣り場である。冬場のアオリイカ釣り、夏場のケンサキイカ釣りで賑わう。
フカセ釣りでクロを狙う釣り人も多い。

保戸島との水道は潮は速く、回遊するシーバスも狙える。

駐車場所はすぐ近くにバスの反転場があるので、迷惑にならないように。

 



間元港の釣り場写真


↑堤防から陸向きに撮影。


↑短波止


↑間元港から見た保戸島。

保戸島と間元港の間は水道になっており、潮の流れが速い。