魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


臼杵市の北部にある佐志生(尾本)港。

大分市との境から国道を下ってすぐ。

大分市街地から車で40分くらい。臼杵市街地から車で25分くらいに位置する。

 

アオリイカの釣りが人気。

他にアジ、チヌ、タチウオ、キスなどが釣れる。

底は砂で、根がかりは少ない。

 

黒島が沖にあり、港外向きはその黒島との水道になるため、潮の流れが速い。

冬でも湾内で、小アジが良く釣れる年が多い。

足場はコンクリート製で良い、駐車場も広い。

 

北西風には、背中側から吹くので、釣り可能。

大分市内で北西風が吹いた際に、この佐志生港に来る釣り人も多い。

また、「くじら」と呼ばれる人工島には、マイボートで渡れる。

他の釣り人を気にせず、思い切って釣れるので、おすすめです。



佐志生港の釣り場写真


↑佐志生港の湾内


↑長波止


↑長波止を反対側から撮影。


↑短波止


↑港は広く、駐車場所に困らないが、漁師さんや地元の方に迷惑のかからないように。


↑黒島。夏場はキャンプや海水浴で賑わう。


↑離れの防波堤「くじら」