魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


大分市佐賀関の人気の釣りスポットである幸ノ浦港。

堤防の改修工事が行われ、堤防が高くなり、釣りにくくなった。

しかし、幸ノ浦港は潮通しが良く、水深もあるため、魚種は豊富で魚影が濃い。

 

秋から冬にかけてのアオリイカ釣り(泳がせ、エギング)が盛ん。

潮の流れが速いため、ヤエン釣りにはあまり向かない。

 

また、夏から秋のマダイ、イサキ釣りもオススメ。

沖に投げれば、中アジ・クロ・青物なども釣れる。

湾内ではサビキ釣りで小アジがよく釣れる。

 

足場はコンクリート製で良いが、釣り座が高く、長いのタモが必要。

駐車場は堤防の反対側にあるので、堤防まで歩いていかなければならない。

公衆トイレがあるので、家族釣れでもOK。

 

堤防の付け根に「富士見水産」があり、アオリイカ用の生きアジを販売している。

幸ノ浦港の釣り場写真

※写真をクリックすると拡大して表示されます。

↑幸ノ浦港の全景を撮影。

↑湾内を撮影。

湾内では、小アジ、メバルなどが狙える。

↑湾内の波止。

↑長波止への入り口。

↑長波止の付け根から撮影。

湾内向けに外灯があるので、夜間の小アジ狙いにオススメ。

養殖イカダのロープがあるので、釣り糸が絡まないように注意。

↑長波止から赤灯台向きに撮影。

堤防には墨跡があり、アオリイカが釣れる。

↑反対方向。

長波止の外向きは堤防が高く、8m以上のタモが必要。

また、潮が速いので転落には十分注意を。

長波止の外向きで、マダイ、ハマチなどの青物、中アジが狙える。

↑長波止の先端。

漁港に出入りする漁船が多いので、釣り糸が航行の邪魔にならないように注意。

↑長波止の先端から湾内向けを撮影。

湾内側は釣り座が低くて釣りやすい。

サビキやアジングでの小アジ、メバリングでのメバル狙いにオススメ。

↑長波止から波止の西側にある「短波止」を撮影。

道路から歩いて行ける。

↑駐車場所。

↑注意書き。

 

↑長波止の付け根にある「公衆トイレ」

なお、公衆トイレ周辺は駐車禁止になっているので、注意。



幸ノ浦港のパノラマ写真

※写真をクリックすると拡大して表示されます。

↑駐車場所付近からのパノラマ写真。

↑長波止の付け根からのパノラマ写真。

↑長波止の先端からのパノラマ写真。