魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


日出町の大神地区にある「大神港」

日出市街地から車で15分ほど。

 

魚種はチヌ、アジ、メバル、アオリイカ、タチウオなど。

6月~8月の朝マズメ、夕マズメのチヌ釣りが人気。

また夏~秋にかけてのタチウオ釣りも。

 

湾内には外灯があるので、小アジやメバル狙いのアングラーも見かける。

また、秋~冬のエギングでのアオリイカ釣りもよく、テトラポットからの南東向きがよい。

 

駐車場所もあり、すぐ近くには公園と公衆トイレがあるので、ファミリーフィッシングにもオススメ。

 



大神港の釣り場写真、空撮

※写真はクリックすると拡大して表示されます。


↑大神港の堤防の付け根から撮影。

外堤防はL字に曲がり、付け根側にはテトラポットが入っている。


↑大神港の湾内。

湾内には外灯があり、アジ、メバル、ハゼなどが釣れる。


↑外堤防の先端方向。

L字に曲がった堤防の先にはテトラポットがなく、釣りやすい。

チヌやアジ狙いの釣り人が多い。


↑外堤防から湾内向けを撮影。


↑外堤防の先端方向を空撮。


↑外堤防の付け根方向を空撮。

左側が湾内。右側の外向きにはテトラポットが入っている。

水深は浅いが、外向きで、チヌ、メバル、アオリイカなどが釣れる。


↑大神港の湾内を空撮。


↑防波堤には「ゴミを捨てるな」と書かれている。

地元の方が迷惑するので、釣りで出たゴミはきちんと持ち帰るのも釣り人のマナーです。




大神港のパノラマ写真


↑外堤防からのパノラマ写真。


↑外堤防の先端からのパノラマ写真。