魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


佐伯市の鶴見半島先端にある梶寄港。

佐伯ICから車で50分くらい。

魚種はアジ、チヌ、クロ、アオリイカ、ケンサキイカ、メバルなど。

秋~冬のアオリイカ釣り、夏場のケンサキイカ釣りで人気。

クロのフカセ釣りも。魚影の濃さはピカイチの釣り場。

防波堤にはテトラポットもなく、釣りやすい。

ただ、梶寄港に公衆トイレはない。

 

梶寄港の釣り場写真

※写真はクリックすると拡大表示されます。

↑梶寄港の全景。

↑梶寄港の突堤。

梶寄港は、「突堤」「突堤の付け根の護岸」「西の波止」が主な釣り場となる。

↑突堤。突堤は広くて平らで釣りやすい。

冬場のアオリイカ、夏場のケンサキイカ釣りが盛ん。

↑突堤の先端から付け根方向を撮影。

↑突堤の付け根にある護岸。

護岸からも釣りが出来る。

護岸からも、アジ、クロ、アオリイカ、ケンサキイカ、マダイなどが釣れる。

↑湾内から突堤と護岸を撮影。

↑西の波止の付け根から撮影。

↑西の波止から突堤方向を撮影。

↑西の波止の先端から付け根方向を撮影。

↑湾内から西の波止を撮影。

↑梶寄港の湾内。

↑突堤の付け根にある広場。

トイレや遊具はないが、家族連れで遊べる広場になっている。

 

梶寄港のパノラマ写真

※写真はクリックすると拡大表示されます。

↑突堤の先端からのパノラマ写真。

↑西の波止からのパノラマ写真。

↑湾内からのパノラマ写真。