魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


佐伯市鶴見のある鮪浦(しびうら)港。

佐伯ICから車で35分くらい。

 

魚種は、アジ、チヌ、アオリイカ、クロ、メバルなど。

また、マダイや青物の回遊もあり、人気の釣り場の一つ。

小~中アジの魚影が濃く、特に秋~冬のアジ釣りで賑わう。

冬場のアオリイカ釣りも人気。

足場はコンクリート製で、テトラポットもないので、釣りやすい。

ただ、北の波止周辺には駐車場所がないので、南の波止の付け根にある駐車場所に車をとめること。

道が狭く、路上駐車は地元住民の迷惑になるのでやめましょう。

 

鮪浦港の釣り場写真

※写真をクリックすると拡大して表示されます。

↑鮪浦港の「南の波止」。南の波止の根元から撮影。

鮪浦港は「北の波止」と「南の波止」が主な釣り場となる。

↑南の波止の付け根(反対側)から撮影。

湾内では、アジ、チヌ、メバルなどが釣れる。

↑南の波止から北の波止を撮影。

沖向きで、アジ、チヌ、メバル、アオリイカなどが釣れ、湾内でアジ、チヌなどが釣れる。

↑南の波止から付け根方向を撮影。

↑南の波止の根元(南側)に、車を止めるには十分な広さがある。

↑車を止めた場所からも、アジ、チヌ、アオリイカなどが狙える。

岸際には藻が生えているので、取り込みには注意したい。

↑北の波止を撮影。

↑北の波止の付け根から撮影。

↑北の波止の先端。

北の波止では、アジ、チヌ、クロ、アオリイカ、メバルなどが釣れる。

沖向きで、マダイや青物も狙える。

↑北の波止の先端から付け根方向を撮影。

テトラポットもなく、釣りやすい。

鶴見半島の鶴見側全般に言えることだが、鮪浦港も北向きの港で、冬場の北西風には弱い。

北西風が吹いた場合、風裏になる米水津側の釣り場が釣りやすい。

↑北の波止の根元を撮影。

以前は北の波止の根元も車を止められたが、ロープが張れられ、車の駐車はできない。

なお、付近にトイレはない。



鮪浦港のパノラマ写真

↑南の波止の根元からのパノラマ写真。

↑北の波止の根元からのパノラマ写真。