魚影の濃さ 釣りやすさ アクセス 駐車場
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆

※ ☆は5段階評価。私見による評価なので参考程度にしてください(-_-;)


佐伯市の米水津にある宮野浦港。

佐伯ICから車で30~35分くらい。

 

魚種はアジ、チヌ、クロ、アオリイカ、メバル、ヒラメなど。

冬のアオリイカ釣り、フカセのチヌ、クロ釣りが人気。

新波止(長波止)、北の道路沿いからはヒラメが釣れることがある。

防波堤にはテトラポットもなく、釣りやすい。

 

宮野浦港の釣り場写真

※写真はクリックすると拡大して表示されます。

↑宮野浦港の旧波止。

宮野浦港は、「旧波止」と「新波止」があり、それぞれ足場がよく、釣りやすい。

↑旧波止(東の波止)の付け根から撮影。

↑旧波止(西の波止)の付け根から撮影。

付け根付近にのみテトラポットが入っている。

↑新波止。新波止の方が人気。

↑新波止(短波止)の付け根から撮影。

↑新波止(長波止)の付け根から撮影。

新波止(長波止)が、宮野浦港で1番人気の釣り場。

沖向きでアジ、チヌ、クロ、アオリイカ、メバル、ホゴ、ヒラメなどが狙える。

湾内でもアジ、チヌ、メバルなどが釣れる。

景。

↑湾内から新波止(長波止)を撮影。

↑湾内。湾内には小アジが溜まる。

↑新波止(長波止)から北側の道路沿いを撮影。

↑北側の道路沿い。

道路沿いからも、アジ、アオリイカが狙える。時にはヒラメも喰ってくる。

道路沿いなので、他の車の迷惑にならないように。



宮野浦港のパノラマ写真

↑新波止(短波止)の付け根からのパノラマ写真。

↑新波止(長波止)の付け根からのパノラマ写真。